あなたの5年後、10年後はどうしている?【夫婦修復のヒント】

悩みに集中すると悪化する夫婦関係

悩みがあるとどうしても、その感情に浸ってしまいます。

そうなると自分や夫がどうしようもない人間に思えてきて
その相手を選んだ自分がすごくダメ人間のように
感じられ、自己肯定感がなくなります。

当然、マイナス心理になりますから、
どんどん修復とは逆の方向に向かいます。

私は家系学を取り入れた夫婦修復を
しているのですが、なぜ夫婦修復に家系なの?

そのように思われるかもしれませんが
この家系学を研究すればするほど、やっぱり
遺伝子の影響はあなどれない現実なのです。

自分を見ても、また多くの事例を見ても、
これは妥当なものであり根拠があるのです。

夫婦愛のレベルも、代々、親から子、子から孫へと
脈々と受け継がれるものがありますね。

そもそも、親を犯人にしても、またその親に
原因があるのです。

さらにその上の親にも問題があるはずです。

私から言わせればみんな被害者なのです。

ある人を犯人にしてしまうと、どんどん自己肯定感が
薄くなり、うまくいかないんですね。

怒りとか悲しみというのは、誰かを犯人にして
しまうことから来ます。

「私は被害者」

ここからは何も新しいことは生まれません。

夫婦関係は視点を変えることで解決に向かう

この発想は未来志向となり
過去の出来事を資料として
未来に活かしていくのです。

人間は使命を自覚すると、なぜか力が湧き、
さらに「どう行動するか?」という発想が
できるようになります。

ここから行動できた5年後、10年後
というのはあきらかに大きく開きが出てきます。

これを生涯続けることで運勢はまるで
変わるのです。

まずは夫がどんなに悪いことをしていたとしても
彼はそれを元々背負わされて生まれている。
これを理解します。

これが落とし込めた時、夫婦間の視点が大きく変わるのです。

ここで初めて修復のスタートラインに立てるのです。

体験セッションのご案内はコチラ

お知らせ
    運気を引き寄せる「夫婦学メルマガ」
を希望の方は
コチラをクリック
    体験コーチングのご案内はコチラ

 

にほんブログ村 家族ブログ 夫婦関係アドバイスへ
にほんブログ村左矢印ポチッと応援ありがとう!

最新情報をチェックしよう!