クライアント様のレビュー (体験談)

  • 2017年2月23日
  • 2020年6月4日
  • 未分類
  • 7View
  • 0件

以下はその方たちの戦勝記(ほぼ原文のまま)です。

岐阜県 吉沢理恵子さん(仮名)37歳

悦子先生のセッションを受ける前、「このコーチングでダメなら、離婚しよう・・・・」
そんな風に考えて、コーチングを依頼しました。
自分がこのコーチングで得られたものは旦那さんを丸ごと受け入れる覚悟が出来、人生を前向きに考えられる自分になれたことです。しかも長年の不妊治療の結果、このコーチング中に赤ちゃんを授かりました。
今、お腹でスクスク育っている愛おしい赤ちゃんがいます。
コーチングを受ける前は、旦那さんを受け入れていないのに自分は大事にされたい、妻としての権利ばかり主張していました。
旦那さんはそんな私を見て、自分を受け入れてもらえないことに苛立ち、お互いが子供みたいに、家具を壊すほどの大喧嘩しながらただただ自分の要求ばかりを主張する疲れる関係でした。
あの時コーチングを受けていなかったら、離婚に踏み切っていたか、離婚していなくても常に「離婚」という二文字が離れない不幸な人生を送っていたと思います。
今回コーチング中に妊娠出来たことは、私の精神面が安定して何より、旦那さんを心から受け入れる体制が出来つつあった事にあると私は思っています。
全てに感謝です。
まだまだ「悦子塾」を卒業して間もない生徒ですが今は夫婦の選択に「離婚」っていう文字が無くなったって事だけは言えます。

 

東京都 山口京子さん(仮名)28歳

春に離婚する!といきまいていた私。
喧嘩の度に包丁を持ち出して修羅場になっていました。
夫のウソと浮気に、がまんがならなかったのです。
一時は夫の110番で刑事が5人も来て騒然としていたのですから信じられません。
本当に本当に恥ずかしく、そしてお騒がせして申し訳ありません。
でも、あの時に伊東さんがいてくださり、とてもとても優しく力強い言葉をかけていただいたおかげで、私はあの地獄の日々を乗り越えられたと思っています。
前回、再構築に向けて頑張ると宣言してから約5ヶ月。
・・・ひとまず、その途中結果が最近出ました。
ふと、彼から・・・
「今まで本当に迷惑をかけてしまって申し訳ない」
「俺が好き勝手している時、ふと京子は今何をしているのか、と考えた事があった。そのときに『今京子は一人で息子の面倒をみてくれてるのか』と思い、凄く京子がかわいそうになった」
「俺がどれだけ勝手しても、京子はめげずに俺を捨てずに、愛情をくれ続けた。家事や育児も一生懸命やってくれていた。その事に目を背けていたけど、気付いてはいた。本当にありがとう。」
「人には百回言われるよりも、自分で一回気付く方が凄く大事やと思った」
「最近、息子が俺に懐いてくれてるって感じる。今までは親父として全然認められてなかったって感じてた。」
この言葉、素直に嬉しかったんです。
嬉し泣きをしてしまいました。
今回学んだ事。
それは「夫婦は鏡」。
ずっと前から知ってたつもりでいたんですが・・・
やっと最近になって少し意味がわかってきたような気がします。
私の悪いところや課題を彼が映し出してくれている。
だからこそ、彼にいらいらした時、ふと自分に照らして考えると、それは自分の課題だったりする。
それに、やはり私が不機嫌だと彼も不機嫌になる。
私が穏やかだと、彼も穏やかになる。
つまり、自分自身の気のもちようで、どうにでもなるような気がしてきました。

 

福岡県 岡本直美さん(仮名)36歳

伊東さんのコーチングを受けるまで 私は夫への不安や猜疑心で一杯でした。離婚を回避するために 夫への不満が沢山あっても 我慢しなければいけないと 耐えていました。
心と体がバラバラになったような感覚で 体調もよく壊したり、子供にあたったりしていました。
それがコーチングを受けて最初の2回で夫への視点ががらっと変わったのです。
自分でも不思議なくらい愛情を持って夫を見ることが出来るようになり 夫の言動が驚くほど穏やかになっただけでなく 私自身が楽になれました。
もちろんそのまま右肩上がりにはいきませんでしたが、今までのように夫を悪者として見るのではなく 様々な視点から夫を見つめる事が出来るようになりました。
私以上に夫は苦しんでいたのかもしれない この人の苦しみを少しでも癒してあげたいと心から思いました。
もっともっと 夫に関係なく幸せでいられるよう 自分を大切にする事がこれからの課題かなとも思います。


北海道 佐藤京香さん(仮名)40歳

この3か月間は「出会い」の場でした。
結婚10年目でようやく待望の妊娠。きっかけは幸せなはずの出来事からでした。
おなかの子の4か月検診から、徐々に様子が変わってきました。
妊娠の前後、夫は、私の体に触らなくなりました。
毎日のように、スキンシップのあった私たち。
私は、しばらく夫の様子を見ました。
買い物には一緒に行ってくれるし、毎日気遣いもしてくれる。
でも、スキンシップだけがないままでした。
「気のせいだよ。」お腹の子に心配かけさせたくない私は、ずっと、自分の勘違いだと、言い聞かせていました。
そして、出産し体調も戻りつつあったころ、久々に朝のお見送りでハグをしたら、夫がとっさに拒否したのです。
勘違いではない。。。そう確信してしまった瞬間でした。
それから、どうしたらよいのか、しばらくは子育てに没頭していましたが、子育ても慣れてきて、時間にも余裕が出てきたころ、出産して3か月が経とうとする9月のことです。
電子書籍で「ほんもの夫婦になれる6つの扉」という伊東悦子さんの書籍に出会いました。
わらにもすがる思いでメールをさせていただきました。
伊東さんは、「今年のクリスマス、年末は素晴らしいものにしたいですね。」と、コーチング中に繰り返し励ましてくれました。
コーチング中は、行きつ戻りつを繰り返し、夫からは「もう女としてみてもらえてないんだ。」
そんな悲しい思いから抜け出せませんでした。
ちょうどコーチを受け始めて1か月ごろに、結婚10周年の記念日があったのですが、思いがけない冷たい言葉を投げかけられ、泣いてしまうほどの出来事があり、正直、どうなってしまうのか、自分でも全く自信が持てませんでした。
夫婦問題をきっかけに、幼いころに置き去りにした自分を迎えに行くことができました。
そして、親への憎しみを掘り出し、親を許しすことができました。
さらに、自分を許し、そして愛することができました。
心から自分を許し始めたとき、夫に素直に甘え始めました。
それは、コーチングもあと残り2回となった、クリスマスのころでした。
ほんの3か月前では考えられない、新婚気分で満ち足りた時間を過ごすことができました。
コーチングは決して魔法ではありません。
コーチングは、現実世界で自分が行動するためのノウハウです。

 

三重県 吉澤加奈子さん(仮名)43歳

今は自分を10000%信じることができます。
これまでとは違う “前向きな人生” を生きていく!
自分自身を深く振返り、主人との関係を見直し、様々な法則を知った私は、かなり無敵だと思います。
コーチングを受ける前は、本当に毎日人生を悲観して下向きな人生だったので3ヶ月でこれだけ自分自身が変わった事にも驚きを隠せませんが。。
最後に・・・
本当に伊東さんに出逢えた事に感謝。
このコーチングを受ける事を決めた3ヶ月前の自分に感謝。
私を常に見守ってくれている先祖に感謝。
そして、結婚してくれ、成長させるきっかけをくれた主人に感謝です。

 

神奈川県 佐々木由紀さん(仮名)34歳

悦子先生
セッション、ありがとうございました。
このコーチングで成長できたこと・・・
・自分の到らなさにも目が向くようになったこと
・旦那さんと喧嘩しても俯瞰でものが見られるようになったこと
例えば旦那さんが急に怒り出しても、「あ、これは自分を受け入れられてない事への寂しさと悲しさが出た」
なんて、少し冷静に見られるようになりました。
夫婦って本当に難かしい!!でもこの関係が上手くいくだけで見える世界って違うんだなぁ~って思います。
出来ればもっと早く悦子先生に出会えていれば、今頃2人目妊娠だったり・・??
なんて、考えてしまいますが・・・・
私の人生、大きく変わったことは間違いありません。
今までは憎しみばかりでしたが、ご先祖さまを知ることで、夫との出会いも奇跡だし子どもにも恵まれたこと、たくさんの楽しかった思い出もあること…
広く感じて振り返り感謝の気持ちが溢れています。
ありがとうございました。

最新情報をチェックしよう!